長く使うための手入れについて

医療用ウィッグは比較的長い期間使用する人たちもたくさんいます。長く使い続けるためには手入れが重要になるので最後に手入れの基本を紹介します。

ブラッシングまず医療用ウィッグはシャンプーを定期的にしますが、シャンプーをする前にはウィッグ全体を丁寧にブラッシングします。丁寧にブラッシングをしたら実際にウィッグを洗います。洗う時には水ではなくぬるま湯を使用するようにしましょう。シャンプーが終わったらすすぎをしますが、シャンプーの成分が残ったままだと劣化に繋がることもあるので、しっかりと洗い流すようにしましょう。すすぎが完了したらトリートメントを付けます。トリートメントは毛先を中心に直接つけて馴染ませます。トリートメントも2分程付けたらすすぎを行います。しっかりとすすぎが完了したらタオルで水気を取り乾かします。基本的な手入れ方法としては説明した内容で定期的に行うといいです。また、ウィッグの保管ですが、基本的には専用のウィッグ台に乗せて保管するようにしましょう。ウィッグ台を使用しないと型崩れなどの原因になることがあります。

このように、手入れ方法について説明をしましたが、これから購入を検討している方は知っておきたいポイントとなり、特に長く使いたいなら正しい手入れの方法を知っておくといいでしょう。

医療用ウィッグでも試着はした方がいい!

医療用ウィッグは治療中の人たちのことを考えて作られていますが、その中でも快適な医療用ウィッグを見つけるためには試着をした方がいいと言われています。試着をすることでより自分に合う医療用ウィッグを見つけられるのでここでは試着の大切さについて説明します。

まず試着をすることによって自分に合う着け心地の医療用ウィッグを見つけられます。例えば優しい素材を使用していると言っても人によって合う合わないがあります。試着をすることでどの素材が自分に合っているのか知ることができるので、試着ができるならば実際にかぶってみて決めた方が安心です。

サイズまた、サイズの面でも実際に試着をした方がいいでしょう。サイズはかつらに表記がされているから実際にかぶらなくても選べると思っている人もいますが、作り方やメーカーなどによってもサイズは異なります。同じサイズ表記でもかぶり心地が異なることがあるので、サイズは実際に試着をしてしっくりくるタイプを選んだ方がいいです。

このように医療用ウィッグ購入時の試着の必要性について説明をしましたが、試着をした方がより満足のできる医療用ウィッグを見つけることができます。失敗したくない人は試着を忘れずに行うようにしましょう。

<参照サイト>
医療用ウィッグ・かつらはライツフォル/口コミで人気
医療用ウィッグを送料、返送料、試着料、すべて無料でお届けいたします。

病気による脱毛は医療用ウィッグを活用

抗がん剤の治療を行っている人やその他病気の治療を行っている人の中には脱毛などの副作用で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。脱毛で悩んでいる人の中にはウィッグの購入について考えている方もいますが、ウィッグの中でも病気の治療中の場合は医療用ウィッグを選んだ方がいいと言われています。なぜ医療用ウィッグを選んだ方がいいのかについてここでは紹介します。

デリケートまず1つ目はデリケートな頭皮のことを考えて作られているタイプが多いからです。抗がん剤治療などで脱毛をしている人の頭皮は特にデリケートだと言われており、ウィッグの素材によっては肌が荒れてしまうなど影響を受けることがあります。影響を受けないためには素材が重要ですが、医療用ウィッグは頭皮にやさしい素材を使用していたり、通気性などにも気を使って蒸れたりしないような作りになっています。快適性を求めて作られているので特に病気の治療中でデリケートな頭皮には医療用ウィッグを選んだ方がいいです。

また2つ目は医療用ウィッグは自然な仕上がりにこだわっているものが多くなっています。例えばウィッグで脱毛をカバーすることができても不自然なウィッグだと人に気付かれてしまう可能性があります。こういった状況でも対応できるように医療用ウィッグでは人毛を取り入れるなど、見た目の自然さにこだわっているものが多いです。魅力的な部分が多く、病気の治療をしている人のことを考えているウィッグになるので選んだ方がいいと言われています。